神戸市垂水区の幼保連携型認定こども園 「たけのこども園」と「たけのこども園そら分園」

4月

1月 2月 3月4月5月6月 | 7月 | 8月 | 9月10月11月12月

すずらん

少しずつ園での生活にも慣れてきた子どもたち。今は寝返りやずり這い、這い這い、つかまり立ちなどで室内の探索活動を楽しんでいます。好きな場所や好きな玩具を見つけたり、気になる玩具に手を伸ばし、触ったり舐めたり振って音を聞いたりと五感を使っています。見たものをじっと見つめる追視を行ったり、指先を使ってつまんだりする遊びも見られます。好奇心旺盛な子どもたちのこれからの遊びがとても楽しみです。好きなもの、興味のあるものを見つけて一緒に楽しみたいと思います。保護者の方とも子どもたちの成長を共有できると嬉しいです。

ボタンとビーズを繋げた手作り玩具を使用しています(↓)

なのはな

新しい環境に少しずつ慣れ、可愛らしい笑顔や指差しを沢山見せてくれるようになってきました。
気になる玩具を見つけて遊んだり、保育者やお友だちの遊びを模倣して遊ぶ姿も見られます。暖かくなってきたのでお散歩に行く機会も増えました。電車が来ると手を振ったり『帽子のオレンジと一緒の電車』と頭をポンポンとしたり、カラスのえんどうの葉っぱやチューリップを見たりして散歩を楽しんでいます。子どもたちが新しい環境で安心して過ごせるよう、一人ひとりのペースや目を合わせる事を意識して関わっていきたいと思います。

こすもす

あこがれの本園での生活が始まりました。新しい部屋で、新しい先生や大きなお兄ちゃんお姉ちゃんたちと接しながら、少しずつ新しい生活に慣れていきます。午前中は3つのグループが順番に園庭やホールで遊びます。順次昼食→午睡→おやつ、また交代しながら園庭やホールで遊びます。ドキドキ不安な気持ちもありますが、去年なのはな組で一緒に大きくなった強い味方が18人もいるので安心です!朝、お友だちの所へ一目散に走って行って、ハグする姿が見られます。お友達と同じ遊びが出来ると嬉しくて「イッショイッショ」と嬉しい笑顔を浮かべます。一緒に遊びたくて「イーイ?」「イイヨ」なんていうやり取りもちらほら聞こえてきました。お友達と一緒に過ごす楽しさを感じています。

やまぶき

新しい一年がスタートしました。また一つ大きくなったという喜びを感じながら、日々を過ごしています。そんな中で『お花見がしたい!』という気持ちから始まったお散歩計画。園周辺や公園に行って遊ぶことはもちろん、道中にも様々な発見をしたり、草花や虫などの生き物にも触れたりしながら楽しんでいます。自己紹介でお友だちのことを知りつつ、遊びを通して繋がろうとする姿も見られますよ。これから一年を通して、日々の生活の中で出会う「どうしてだろう?」「やってみたい!」という気持ちなどを子どもたちと同じ視点に立ち共有しながら、考え、楽しんでいきたいと思います。

あさがお

「これどうしたらいいの?」とお友だちや保育者に尋ねたり、困っているお友だちに「やったろか?」「教えてあげるよ!」と優しく声を掛けたりしながら、新しい環境にも少しずつ慣れてきた様子のあさがおさんです。春の陽気に誘われて展望公園に遊びに行ったり、春の動植物と触れ合い、虫のお家づくりや魔法の薬づくりなどをしてあそんでいます。薬づくりでは「食べたいな…」という思いから食べられる薬を研究しているところです。また、室内ではお菓子の家作りも始まっており、2階や車庫などアイデアを出し合いながら、建築しています。お友だち同士名前を聞き合ったり、「いーれーて!」とあそびに参加したりしながら交流を楽しむ姿も見られるようになっています。好きなことや興味のあるあそびなどみんなで発見しながら、あさがおさんらしく過ごしていきたいです。

ひまわり

新しいお友だちとクラスで過ごす楽しさやドキドキを感じながら“新ひまわり”が始まりました。お部屋にある玩具や、製作で遊びながら、少しずつ一日の流れに慣れていきます。自己紹介では「私もおんなじフルーツ好きだよ!一緒だね~!」とお友だちのことを知り、自分のことを知ってもらいます。
昨年度から作りたいと言っていた回転寿司屋さんの設計図が決まり、製作の準備を進めていく中で「おすし好き~!」「いつも、マグロたべるねん」とすずめ、つばめのお友だちも興味をもち、製作していきます。季節の動植物に興味を持つ子どもも多くいるので、お天気の良い日に散歩に行ければと思っています。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.