神戸市垂水区の幼保連携型認定こども園 「たけのこども園」と「たけのこども園そら分園」

2月

1月 2月 3月4月5月6月 | 7月 | 8月 | 9月10月11月12月

すずらん

ままごとあそびや人形あそびに興味を持ち始め、チェーンリングなどの玩具を食べ物に見立て、遊ぶ姿が見られるようになりました。お椀やボウルにチェーンリングなどを入れ、スプーンでかき混ぜたり、「アーン」と言いながらすくって食べる真似をしたりして、保育者と一緒に作ることの楽しさを感じながら遊んでいます。また、あそびの中でスプーンを使う機会が増え、食事では、自らスプーンを使うことも多くなりました。人形遊びでは、抱っこ紐に見立てた布で抱っこをしたり、人形を優しくさすりながら寝かしつけたりするなど、普段からお家の方々や保育者にしてもらっている経験を再現することで満足感を得ています。これからも、子どもたちの思いを受け止めながら、想像やあそびがより広がるよう関わっていきたいと思います。

なのはな

子どもたちはお部屋の中でも体を動かして遊ぶことが大好きで、身体を動かすスペースと他の玩具コーナーを分ける等しています。「お部屋の中では歩こうね」と声をかけるようにしているそんな中、わらべ歌を歌い遊ぶと保育者の声に耳を傾けてくれます。ゆったりと落ち着いた気持ちで次のあそびに向かう子どもたち。きっとお家だと大好きなお母さんお父さんの声を聞いてもっと幸せな気持ちになると思います。わらべうたを通してもっと子どもたちと触れ合い、信頼関係を築いていけたらいいなと思います。毎月配信しているわらべ歌も参考にまた子どもたちと一緒に遊んでみて下さい。

こすもす

年末年始のお休みにどのように過ごしたのかをお友だちや保育者と話す姿が見られ、その経験をきっかけに、「オセチタベヨッカ!」「オモチモ!」などとお友だちとイメージを共有しながら、食べたものを作って再現したり、お正月あそびとしてかるたに挑戦したりと楽しんでいます。はじめは読み札を聞いてすぐにイメージが湧くような簡単な絵札数枚から始め、今ではすべての札を使って遊んでいます。どちらが札を取ることが早かったなど思いがぶつかることもありましたが、「ハヤカッタネ~」と自分たちで判断できるようになってきました。「トレナイ…」と悔しそうにするお友だちに「ダイジョウブ!ガンバレ!」「トレタネ!」と励ましや喜び等の思いを共有しながら楽しんでいます。

やまぶき

積み木コーナーでは様々な積み木・材料・玩具を組み合わせてピタゴラスイッチが出来ています。スペシャルデーでお家の方に見てほしい・一緒にしたいという意見から、何度崩れても、手直しを繰り返し、日々少しずつ変化をしながら遊んでいます。転がるか…止まるかと…という球の動きを目や耳で感じられる作りになっています。スペシャルデーではピタゴラスイッチだけでなく、人形劇やお手紙あそび・ハーブティ・野菜育て等、今までのあそびを冬まつりというテーマでみんなで一緒に楽しめればと考えています。

あさがお

積み木を使って大きなかまくら作りに挑戦していました。「もっと大きくしたい!」「早く入りたい!」という気持ちからどんどん大きくなりましたが、何度もガシャーン!という音を聞き、悲しみ、でも頑張ろう!と完成へ向かってきました。最後にはスケーラーを組み合わせ屋根まで完成させることができました。入ったりすることができる体験から、積み木でバーベキュー場や、大きなお家などを作り、ごっこあそびを楽しんでいます。人形を動かしながら、お店屋さん、お母さんやお姉さんの役になりきっています。

ひまわり

年末年始のお休みが明け、久しぶりに会ったお友だちと「久しぶり~!元気だった?」「おばあちゃん家に行っておせち食べたよ」とお正月の出来事を伝え合う姿が見られました。豪華客船もたくさん遊び込んだので記念撮影をしてお終いにして、新年の抱負としてやりたいことで挙がった『ジェットコースター』と『恐竜博物館』を製作しています。製作が大好きなひまわり組さんらしく廃材を組み合わせながらオリジナルのコースが広がっており、何度も試して走らせながら改良を重ねていきます。気温の低い日が続き、水が氷に変わることを楽しみながら寒さに負けず元気に過ごしていきたいと思います。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.