神戸市垂水区の幼保連携型認定こども園 「たけのこども園」と「たけのこども園そら分園」
園のブログ

日常の様子

日常の様子

なのはな組

新年度が始まって1ヶ月が過ぎました。新しい環境にも慣れて、笑顔で遊ぶ姿が見られるようになってきました。

天気が良い日には、本園や公園に散歩に出掛けています。歩行が安定してきたお友達は、保育士と手を繋いで歩けるようになってきました。
散歩の途中で、近所にいる犬を見て「ワンワン」と言っているお友達もいます。

本園に行った時には、砂場や乳児用の車に乗って遊んでいます。砂を触って感触を感じていますよ。



こすもすぐみ


気の合う友だちと一緒に、意見やアイデアを出して、お互いに認めながら遊べるようになりました。他の子どもを意識して、「一緒にやりたい」と言葉で伝えるようになり、協力しあって遊んでいます。
自分の持つイメージを形にし、様々な種類の積み木や動物などの遊具を組み合わせて、イメージを具体的な物としてつくっています。そして、「つくる」だけでなく、遊びの中にストーリーを持つようになりました。

これは、友だちと一緒に人形の家を作った後に、かくれんぼをしています!家の陰に人形を隠し、「もういいか~い」「もういいよ~」とセリフをつけて遊んでいます。一緒に住んでいる動物がお家の中でかくれんぼをしているというストーリーがあったようです!

こすもす組

レストランごっこをしているようで、ウエイトレスさんがオーダーを聞きにきました。 「ご注文は何にしますか?」とお客さんに聞いています。お客さんはメニューを見ながら「このピザとジュースください」「あと、ラーメンもください」と注文しています。ウエイトレスさんは注文を聞きながらオーダーを手に持っている機械に打ち込んでいます。レストランに行った時にウエイトレスさんがしていることを見て、再現しているようですね。

注文を受けたら厨房で料理をしています。

料理が完成したようでウエイトレスさんがトレーに乗せて運んできてくれました。これも実際に見たことを再現しているようです。
「ピザとラーメンです」「ジュースもどうぞ」、「ありがとうございます」とやり取りもしています。

出来たてのラーメンを食べ、「おいしーい」。

自分が体験した、いろいろな楽しかった出来事などを再現しながら、ウエイトレスさんやシェフ、お客さんと役割に分かれて演じられるようになってきています。

1 2 3 21 »
PAGETOP