神戸市垂水区の幼保連携型認定こども園 「たけのこども園」と「たけのこども園そら分園」

教育・保育理念・方針

  • HOME »
  • 教育・保育理念・方針
教育・保育理念
  1. 子どもの最善の利益を確保し、環境を整える。
  2. 一人ひとりの子どもの人権と自立心を尊重し、豊かな人間性を育む。
  3. 家庭と地域の連携を図り、養護と教育を一体的に行うかつ、子育て支援を積極的に行う。

 

めざす子ども像
mezasukodomo-illust
  • 心もからだも健やかな子ども
  • 自ら考えて主体的に行動し、思いやりのある子ども
  • よく遊び、豊かな感性と想像力のあふれる子ども

 

教育・保育目標

「すこやかで、思いやりのある子ども」

 

教育・保育方針
  1. 健康な身体と豊かな感性を育む
  2. 自主・自立の心を育む
  3. 向上心を持った職員が一丸となって作る園
  4. 地域交流や子育て家庭支援を行う開かれた園

 

特徴
乳児のゆるやかな育児担当制

集団の中でひとりひとりの違いを認め、特定の大人とかかわる(食事・排泄・着脱など)中で、子どもは愛着行動を示し、人に対する基本的信頼感を獲得していきます。

幼児の異年齢保育

幼児(3.4.5歳児)は1クラスに年齢幅をとる異年齢保育をとり入れています。年齢幅があることで「無条件に認め合う関係」が生み出されます。他の年齢の子どもたちと関わることで社会性や協調性等を自分たちで学び合うことがねらいです。活動内容によっては年齢別に過ごす時間もとります。

わらべうた

普段の生活の中で「わらべうた」をうたいます。乳児期は保育者と一対一で触れ合うことで信頼関係ができます。また、わらべうたは子どもの中から自然とでてくる歌いやすい音階で構成されているため自然にリズム感が育ちます。友達同士でわらべうたあそびができるようになると社会性や集団の中での振る舞い方や他人への思いやりにも繋がっていきます。

絵 本

どんなに良い絵本であっても読み聞かせという大人の関わりなしに子どもは絵本を楽しむことができません。膨大な絵本作品の中から毎月、季節や年齢に合わせ厳選されている「月刊絵本」を毎日読み聞かせすることで想像力や語彙力を高めながら「表現力」や「聞く力」を育てていきます。また「絵本の貸出」も実施し、家庭での親子の絵本タイムも大切にしていただいています。

自 然

日常的な生活や遊びの中で、四季を感じながら、目の前の小さな草花や虫に関心をもったりなど、身近な自然に触れ、自然の面白さ・不思議さ・美しさなどを感じ、考えたり、試したりすることができるような環境づくりをしています。また、園庭の野菜を育てた経験や収穫にかかわった経験をもとに、5歳児では長期的な栽培にも取り組み探究的活動につながる自然体験なども大切にしています。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.