神戸市垂水区の幼保連携型認定こども園 「たけのこども園」と「たけのこども園そら分園」

教育・保育理念・方針

  • HOME »
  • 教育・保育理念・方針
教育・保育理念
  1. 子どもの最善の利益を確保し、環境を整える。
  2. 一人ひとりの子どもの人権と自立心を尊重し、豊かな人間性を育む。
  3. 家庭と地域の連携を図り、養護と教育を一体的に行うかつ、子育て支援を積極的に行う。

 

めざす子ども像
mezasukodomo-illust
  • 心もからだも健やかな子ども
  • 自ら考えて主体的に行動し、思いやりのある子ども
  • よく遊び、豊かな感性と想像力のあふれる子ども

 

教育・保育目標

「すこやかで、思いやりのある子ども」

 

教育・保育方針
  1. 健康な身体と豊かな感性を育む
  2. 自主・自律の心を育む
  3. 向上心を持った職員が一丸となって作るこども園
  4. 地域交流や子育て家庭支援を行う開かれたこども園

 

たけの保育園の保育理念イラスト

「子どもの自主性を育てる、きめ細やかな保育」
子どもの成長は子どもの数だけ違うもの。子どもの環境や生活リズムもまた、一人ひとり違います。
「たけのこども園」では、ここで過ごす時間が子どもたちにとって、より自然な“家庭の延長”であってほしいと考えています。
当園では、乳幼児の保育・教育が生涯教育の土台となるよう、子どもたちが自分のペースでのびやかに、人との関わりや生きる力を身につけていくことをモットーにしています。また、食を通して生きる力を養う「食育」にも力を入れ、健やかな身体と豊かな感性を育む保育をめざしています。

 

「一人ひとりにしっかり関わる担当制保育」
子ども一人ひとりとしっかり関わりをもてるよう、0、1、2歳児は「育児担当制」を取り入れています。子どもとの信頼関係を築くため、子ども一人ひとりの生活リズムを考えながら日々の保育をすすめていきます。それぞれの子どもの人格を尊重しながら、ゆったりと見守っていくことで、発達段階や心理状態を把握、情緒の安定を図っています。担当保育士を中心に、全ての子どもを園全体で見守り、成長をサポートしています。

 

「自主性や社会性が身につく異年齢児保育」
3、4、5歳児には、思いやりや譲り合いの心を育むために「異年齢児保育」を行っています。年上の友だちに甘えたり、教えられたり、年下の友だちの面倒を見たり…。異なる年齢の友だちとの遊びや生活のなかで、自分の気持ちや考えを相手に伝える力や、人の立場を理解して行動する優しさや思いやりを身につけます。また、絵本やわらべうたに親しむことで「聞く力」や集中力を養い、就学につなげていきます。

 

「食を楽しみ健康を育む手づくり給食」
食べることが楽しくなければ食は進みません。給食は、栄養士が考えたバランスの良い献立を毎日、園内で調理。食物アレルギーにも個別に対応し、みんなが楽しく食べられるよう配慮しています。0歳児には一人ひとりに合わせたミルクや離乳食を提供しています。さらに、野菜の栽培や米作り体験など、食の環境に親しむことで、感謝の気持ちや食への関心を養い、日本の食文化や食事マナーを学んでいきます。
たけの保育園の食育
たけの保育園の食育1
たけの保育園の食育2
たけの保育園の食育3
(園児たちが収穫したさつまいもで、スイートポテトを作って食べました。)

お気軽にお問い合わせください TEL 078-753-7777 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP